投資カップル

投資や資産運用について勉強中のカップルが情報発信をしていくブログです。

知識ゼロからでも大丈夫~決算書①~

こんにちは!投資カップルのSeiちゃんです。

本日は知識ゼロでもわかるようになる決算書について簡単に説明します。

f:id:investor_couple:20210403224138p:plain

 決算書とは

決算書とは正式には財務諸表のことを表します。漢字のとおり財務の諸々を表すもの、つまりお金の成績表です。会社にかかわる人に会社の業績、所有財産、債務を教えるための書類になります。

特に重要なのは以下の3つです。財務三表と呼ばれている貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書です。ではまず貸借対照表から説明していきます。

貸借対照表(B/S)

貸借対照表とは、決算日における会社が持つ財産と債務についての残高一覧表のことです。会計の世界では会社が保有するもののうち、財産的にプラスのもの資産、返済義務のあるものを負債、そしてそれらの差し引きしたものを純資産と言います。この純資産が会社の財産額となります。

そして貸借対照表は資産の明細を左に負債と純資産の明細を右側に記載します。

 

f:id:investor_couple:20210228013542p:plain 

そして次の式が成り立ちます。

資産=負債+純資産

また貸借対照表は左側と右側の金額が一致するためバランスシート(B/S)ともいわれますので覚えておきましょう。

さらに資産は流動資産と固定資産、負債は流動負債と固定資産に分けられます。簡単に言うと流動資産は一年以内に換金できるもの、固定資産はそれ以外となっています。同様に流動負債は一年以内に返済できるもの、固定負債はそれ以外となっています。

ちなみに貸借対照表の右側はどのようにしてお金を調達したのか、そして左側はお金の使い方が記載されています。もっと詳しく説明しますと、負債はどこからか借りてきたお金(他人資本とも呼ばれます)であり、純資産は自分の会社のお金(自己資本とも呼ばれます)であって、これら2つが右側に記載されます。このように集めたお金で会社を運用していきます。そしてこれらをどのように使ったのか(貯金も含めて)が左側に記載されるといったものになっています。

つまり貸借対照表は会社のお金の調達方法と使い道がわかる報告書となっております。

 

損益計算書(P/L)

損益計算書とはProfit and Loss statementと言われ会社のお金の一定期間の経営成績表のことです。つまり損益計算書を読めばその会社の一定期間での生み出された利益と損失がわかるものとなっています。

f:id:investor_couple:20210228110236p:plain
損益計算書の表示方法として営業活動から得た収益から費用を引いて利益と損失を計算しています。さらに利益と損失を発生原因ごとにを分けて表示しているため、業績を正しく読み取れるものになっています。5つの段階に分けて記載しているので1つずつ説明していきます。

売上総利益

売上高から売上原価を引いた利ざやのことです。粗利益または粗利ともいわれます。

売上総利益=売上高ー売上原価

営業利益 

本業での損益を表し、売上総利益から販売費および一般経費(人件費、家賃など)を引いたものです。

営業利益=売上総利益ー販売費および一般管理費

経常利益

会社の通常活動の損益のことで営業利益に本業以外の損益を足したもののことを表します。

経常利益=営業利益+営業外損益

税引き前当期純利益

会社全体の損益を表しており、経常利益に突発的な損益(不動産の売却など)を加えたものです。

税引前当期純利益=経常利益+特別損益

当期純利益

会社の手取りのことで会社全体の損益から税金を引いたものです。

当期純利益=税引前当期純利益ー税金(法人税など)

 

これらを見ることで会社の問題点を明らかにすることができるのです。

 

キャッシュフロー計算書(C/S)

会社の一定期間のキャッシュ(現金預金)の流れをキャッシュフローと言います。そしてキャッシュフローを発生原因ごとにまとめたものをキャッシュフロー計算書になります。キャッシュフロー計算書を読み解くことでどのような原因で現金が増減したかがわかるようになっています。ちなみに最近では売上至上主義ではなく、キャッシュ至上主義のキャッシュフロー経営と呼ばれるスタイルの会社も増えてきています。

キャッシュフローには以下の3つが挙げられます。

営業キャッシュフロー

通常の営業活動から得られたキャッシュの流れ

投資キャッシュフロー

営業活動以外の設備投資や他の会社への出資から生まれるキャッシュの流れ

財務キャッシュフロー

資産の調達方法(借入やその返済)から生まれたキャッシュの流れ

 

しっかり覚えておきましょう!

まとめ

・決算書とはお金の成績表

・貸借対照表は会社のお金の調達方法と使い道がわかる報告書

・損益計算書は会社の一定期間での生み出された損益がわかる報告書

・キャッシュフロー計算書は会社の一定期間のキャッシュ(現金預金)の流れを発生原因ごとにまとめた報告書

 

以上で知識ゼロからでも大丈夫~決算書①~でした。

次回は会計の基礎知識について書いていきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします!

 

investor-couple.hateblo.jp

investor-couple.hateblo.jp

investor-couple.hateblo.jp